フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク

無料ブログはココログ

定義

曖昧な場所?

今日の軽井沢は、なんとヒョウが降りました!
そういえば、先月、近くの多肉植物専門ナーセリーの錦玉園さんにお邪魔した時に
「今年の6月頃はきっとヒョウが降るわよ〜。」ってオーナー奥さんが言ってました。。
いゃーホントだ!。山の天気と山の住人?はあなどれません。。(笑)

バラの咲き出した感じを見せたくて仲良くしていただいてるSさんに来てもらったら
とたん、雲行きが怪しくなって。。。(午前中はあんなに爽やかだったのに。。)
突然、大粒の雨!そしてヒョウ!!
思わず、庭の小屋に避難したのですが、もうそこから動けません。(ヒェー)雷雨だー

こんな天気じゃ庭を楽しみたくても、どうしようもないけど、
例えば、小屋のように避難出来る場所って、やっぱりあるといいですよね。
家と小屋?では、どう違うの?

これ、難しい質問だけど。ここにリビングガーデン研究会で
時々、話している『定義』に近づいてきます。
最近、日本でも取り上げられる機会が多くなった
クラインガルデン
でも、小屋という存在の高さが伺えるし。。。

究極にはテントなのかな。でもちょっと違いますよね。
小屋の中は、とても魅力的で、ドラマチックで、
小さな世界なのに、なにかエネルギーを感じます。

そんな秘めたるエネルギーはきっと、
自分の潜在意識の中にある
未知なる可能性のようで、ワクワクさせてくれるんですね。

みなさんも、理想の小屋を想像してみて!
きっと、それだけでワクワクしますよ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

定義その2

突然ですが、皆さん覚えてますか?リビングガーデンの定義その1。。忘れた方はこのブログのバックナンバー1月を見て下さいね。、定義その1では「リビングガーデンとは自然と対話しながら過ごす」という風にお伝えしたわけですが、みなさんも日々自然と対話をしてますか?その1としてたので、そろそろ次に進んでもいいかなと、その2の発表です。ちょっと文章は長めですが

「リビングガーデンでは幸せな時間を発見しながら過ごす」としてみたいと思います。

これは、自然と対話していると、おのずと訪れる時間のことです。

そう、自然から与えられる喜びの瞬間です。

目を凝らして、耳を澄まして、心を開いて、、、。誰でも自分の大好きな場所でそれを得ることが出来ます。。。

その小さな小さな発見に、いつしか癒されている。。

どうでしょう?きっとみなさんも体験しているはず!

そういうのを分かち合える研究会にしていきたいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

定義?その1

全国的に雪だそうで、もちろん軽井沢も積ってますよー。子供は元気にソリ遊びしてます!

さてさて、リビングガーデン研究会の御愛読ありがとうございます。ということで、少しづつですが、もうちょっと掘り下げて考えてみましょう。

そもそもリビングガーデンって何?というところから始まっているこのブログですけど、僕自身も曖昧で、どう定義付けしたらいいかも解らないというのは御伝えした通りです。

ただ、リビングガーデンが「デッキやテラスでガーデンファニチャーを出して過ごす」ということだけではないことだけは示していきたいなぁーと考えています。

では、他にどう過ごすの?というのは、またゆっくりじっくり研究していくとして、単純な考え方を整理しましょう。

[リビング]と[ガーデン]はそれぞれ言葉の意味を皆さんも理解していると思います。だから庭にリビングスペースを造って過ごすというのはイメージしやすいかもしれません。でも、それに留めるのはもったいないし、限定しすぎかなぁーと思うんです。きっとダイニングスペースだっていいでしょうし、キッチンだっていい。もっと趣味に特化したようなスペースだっていい、それこそお風呂だって(笑)ちょっと広げすぎかもしれないけど、リビングという言葉を従来のリビングルームの意味じゃなくて、人が生きる(生活する)のリビングにしてほしいんですね。そうかぁ、じゃー庭の植栽スペースじゃ無い人が暮らす場所がリビングガーデンってこと?いえいえ、実は庭とは限らないんです!?ここからがちょーっと難しいんですが、コンサバトリーやサマーハウスのように囲われた建造物の中もリビングガーデンだし、もしくは居間としてのインナーテラスやバスコート続きのリフレッシュルームだってリビングガーデンになりうるんです。さぁー、じゃぁーそれこそ、どう定義付けるの?

そこで、考えてみたんですけど、「リビングガーデンとは自然と対話しながら過ごす」というのはどうでしょうか?

それならお気に入りの安楽椅子を窓辺に置いて、今日のように降り積もる雪の庭を眺めながら温かい部屋で過ごすというのもあり?僕としては心が自然と対話しているんであれば、ありにしたいところです。そうしてると雪の中で小鳥が姫林檎の実をつつく様子をほのぼの見てられるし、針葉樹の林に白くグラデーションがかかって空に溶けていく様子を眺めるのも大切な時間に思える。。。

このブログで日々の生活を書いているのは、そんなリビングガーデンを少しでも届けられればと思ってのことです。

だから、リビングガーデンは誰もが過ごせる大切な時間であってほしいと願っています。

皆さんの大切な時間も教えて下さいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)