フォト
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

リンク

無料ブログはココログ

住まい・インテリア

軽井沢の隠れ家レストラン!

今日はとても良い感じのレストランを紹介します!

この夏に古民家の一部を改装して、かまど炊きご飯を食べれる
和食レストランがオープンしました。
塩沢の信号を入からすぐだけど、通りからは見えない奥まったところに
まだ、こんなところがあるんだ〜と思わせる、静かなたたずまい。。
広い敷地は、ひんやりしていて、まさに夏でも涼しい避暑地レストランです。
今年は大きく宣伝もしないで、試験営業ですけど
朝食は朝の7時からオープン、夕方の5時まで甘味処として
紅葉シーズンまで無休だそうです!
名前は「みくりや」漢字だと「御厨」で、神様に捧げる厨房を意味するとか。
なにしろ、かまどご飯は懐かしく、心地良いゆったりとした時間が
トリップ感覚満喫です!
ぜひ、行ってみて下さい!!
L1100560
http://hub.visitor-center.jp/contacts/

庭で居心地よく過ごすの当たり前??

皆さん、いつもご無沙汰をしております。軽井沢にもようやく春が訪れました!
木々の新緑はまだですが、我が家では菊咲きのシデコブシやハナノキが色づき、水仙が咲き揃いました!地面が確実に呼吸しているのが良く判ります。。震災の地にも春が訪れていると思われますが、どの地でも植物が勇気と希望を与えてくれていると信じたいですね。

さてさて、このブログがただの日記にならにように(笑)皆様にも役立つ情報を提供出来るように頑張りますので今後も宜しくお願いします。

何度もお伝えしていることですが、私はインテリアデザイナーが本業で、でも職種はほとんどガーデンデザイナーです。。「庭を一番居心地の良いリビングにしたい」という想いからスタートして、こうして仕事にも実践?させていただくことは幸せなことです。まさにガーデンという自由な舞台でインテリアデザインを発揮出来る。。そうした心境です!!
15年も、同じ想いで信念を変えずにコツコツやっているのですが(笑)。。。
これは特別なことでなく、普通のことだよなぁ〜。。。と考えるようになりました。
庭で居心地よく過ごす!そうしたいのはあたりまえじゃん!!と。
その当たり前のことを、出来ない言い訳ばかり並べるのはもうやめましょう!
など大胆に発言してもいいかなと。。。
試行錯誤は沢山あります!どうしたらいいか判らない!というのもうなづけます。。
ただ、私は出来ないというのはやめていただきたいのです。
まずは、家の椅子でもいいから外に出して座ってみて下さい!そして、座っている自分を中心に
どんな舞台にしたいかを想像してみて下さい。どんな人が側に居て、どんな時間を過ごしたいか?
どんどん連想するのです。その想いは必ず実現します!固く信じて下さい。。
そして日常にしていきましょう。いつの日か、こんなコメントを忘れるくらい
どの家にもガーデンで過ごせるようになっている。。。

皆さんも一緒に発信していきましょうね!


今度はキッチン!?

急にまた、寒くなりました。。

小諸知人宅も進んでます!もう工事も着手していて、今月中には上棟だそうです!
早いですねぇ〜。。。

着工してからも、なんだかんだと決めかねているところも多く、
今日も、最後の最後まで迷っていたキッチンのレイアウトを予算も含めて
最終検討。。!

システムキッチンはビルダーさんお勧めのアメリカのメーカーに依頼することで、
すんなり決定していたのですが、アイランドの方がどうしても規格と合わない。。。
ワインクーラーをビルトインしたり、キッチン家電の行方をどうするか???

シンクはホーローがいいか?トップはやっぱり大理石??

施主も家を考えるのってこんなに大変なの?と。
そうなんです!みんな家を建ててる人は苦労してるんですよね〜。。。

まぁ、それでも寛容な施主と、まじめなビルダーさんの相性は良いようで、
僕のスケッチを見ながら、とりあえず作ってみましょう!と。。
今日の打ち合わせは終了!!
それでいいのか?

スケッチはこんな感じです。見た目はカントリー。。
でも、ハーブ料理一筋の施主こだわりキッチンになる予定??
頑張って作っていただきましょー!

Kitchen

家の設計!?

暖かい陽気、台風の後は特に晴天でした。。こんな時にネイチャーデコールご一行様が軽井沢ツアーに来られて、我が家でもささやかなガーデンパーティーを催しました!なんだかんだと我が家も入れて総勢14人!ちょっとキャパオーバーぎみでしたが。。。何とか楽しい時間をリビングガーデンで過ごしていただけたようです。カタヤマのスペアリブおいしかったですね〜。。。

さて、最近のブログ読者の方より、長谷川さんて家の設計もされるんですか?と聞かれるので一言。。?

私の本業はインテリアデザイナーなので、(笑)。。
仕事柄店舗設計などはするんですね。でも建築はしません(キッパリ)

ここは役割分担で、建築自体は建築家の方のお仕事です。
家自体が構造なので、在来工法にしろ、2×4工法にしろ、ある程度決まった秩序に
準じて行くのが建築です。

ただ、インテリアデザイナーは建物の構造そのものはしないけど、
例えば、間取りの提案や、素材のセレクト、どんな使われ方がいいのかで
いろんなスタイルを表現します。

なので、大掛かりなリフォームとかあるでしょ。。あれは出来るんです。
家そのものが壊れるまで壊さなければ(笑)後は自由自在!

今年も東京の平和台で古い民家をカフェにリフォームするお仕事の
お手伝いをしてますが、そりゃーもう、まったく違います
玄関の位置まで変えて。。。窓のカタチだって。。。

これは家の設計でしょう!と言われれば、そうなんですけど、
建築はしないんです。判りますかぁ〜???
なんか自分でも頭がこんがらがるようですね(笑)
ネイチャーデコールさんとも、そんなお付き合いです。
建築はプロの集団ですから、ガーデンと庭に近い部分の意匠なんかも
提案させていただいてます。

この曖昧な仕事!。。。ですが、
これからもコツコツ、やっていきますので
応援して下さいね。。。

ハルニレランチ!

軽井沢の紅葉も中盤!?1000m林道のドライブも楽しい季節。
夏はうっそうとして暗いこの道も、秋の陽射しがまぶしいくらいに紅葉を輝かせます!

今日は久しぶりにハルニレランチしよう!とかみさんと出かけましたぁ。。。
ハルニレテラスは今年の夏にオープンした星のリゾートプロデュースの新しいスポットで、
お気に入りのカフェやレストラン、雑貨などあって、川のせせらぎ沿いに
気軽に散策を楽しめる、なかなかの場所です。
すでにオープンより人気で、今日も平日なのに駐車場は満車状態!

「何食べようか?」そば処、イタリアン、デリ、気の利いた店が並んでいるので
迷うのですが、普段食べない中華に決定!
週代わりのランチがボリュームもあって1000円以下とお手頃でうれしい。
ちょっと甘酢でからめたミートボールもおいしい!

おなかもふくれたので、北欧雑貨を集めたNATURというお店へ。
ここには、ちょっと珍しい家具が置いてある。僕の大好きなモーエセンや
ウェグナーの椅子、僕も相当詳しい方?だけど、見た事のないモデルがあって
これに座れることがなんともうれしい!でも、買えないのは残念。。。。(笑)

最近DVDで借りて見ていた『カモメ食堂』にも影響を受けてたので、
シンプルな生活!?をこんな店の雑貨たちで過ごしたいと
インテリアの刺激を。。。

それで、ベーカリー沢村で恒例のバゲッド購入!これは夕飯で。。。

最後に丸山珈琲でエスプレッソ。。。

これが、軽井沢の自然満喫で楽しめるんだから贅沢です!

星のリゾートさん上手ですねぇ〜(拍手)

インテリアも大詰め!

今年は我が家のジューンベリーもきれいに色づいて、
ぐっと秋らしい赴きになりました。
そうそう、これなんです!ジューンベリーをウェルカムツリーに選ぶもうひとつの理由。。。

さてさて、小諸知人宅も、ここにきて大詰め!?
クライアントは「任せる」と言うんですが、そうはいきません(笑)

でも、「長谷川さんのデザインの部屋に一度住んでみたかった」には
さすがにぐっときました!!

これには知人とは言え責任も感じます。。。。

今回もスケッチを先に描いてビルダーさんとマテリアルの最終確認!


ビルダーさんをあまり泣かせたくないのですが
イメージを伝えて持ってきてもらった素材のサンプルに
首を縦に振れません!

結局、ほとんどをガーデン&ファニチャーズのセレクト素材で
いこうということになってしまいました。。。

色の問題じゃなくて、素材の持つオーラというか、、
大事なところなんですよね!

それでも、コストの話は重要で、ちゃんと引き算のバランスも。。。

で、このインテリアは何風?

さぁ〜。。。クラシックでもモダンでもない
シンプルとかナチュラルともいいきれない。。
和風でないことは確か(笑)
いーんですよね。いろんなミックススタイルで!Photo

家の外観!?

今日も晴れ渡っていい天気!

例の小諸知人宅も大詰めで、今日は最終間取りと外観の打ち合わせです!

敷地はおよそ300坪、うーん広い!???
でも、ここはそれこそ林を切り開いた土地なので、
広さの感覚が解りにくいんです。。

図面だと、やたら広いと思った平屋風の建物も
現場で検証してみると、そう大きく感じません。。

むしろ軒高を低くしたおかげで、こじんまりした感じにも見えます!!!


これはこれで、なんか懐かしい山小屋風でもあり、
このロケーションにはぴったり!!!

。。。のはずです(笑)


今日は、最終的な確認ということもあって
図面だけでは感じがつかめないので、
さっといつものスケッチを描いていきました。。

これがそのスケッチ。
Photo_3

ね。山小屋?でしょ!
それで、こっちが勝手口?の方


1_3

この大屋根の軒に施主の大好きなキングサリを覆わせます!

木の部分はもちろん、前回のブログで紹介した
レッドシダーです!!
この木の部分を濃い焦げ茶にしてチュダー調にという意見もあったのですが、、、
それにこだわらなく、ロケーションに調和する
グレイッシュな色調でまとめることにしました。。。


それって、いつものガーデン&ファニチャーズカラーでしょ!

えっ。。。いや、
いつも環境のことを考えております!(笑)
ホントですよ!

家に求めるもの?2

とうとう暖房を入れてしまいましたぁ〜。。。!
せめて連休まで我慢と思ってたんですけど、軽井沢の寒さに負けてしまいました(笑)

今回の小諸知人宅は終の住処ということもあって、バリアフリーで計画しています。
特別な工夫という訳ではないけど、オール床フラット、玄関まで段差ナシ。
掃出しからデッキまでも、全てです。

唯一の床段差は、施主の希望された堀ゴタツ風のデスクスペース。。!
水廻りと寝室以外は空間の切れ目?がなく、いわゆるホールや廊下がありません。
たぶん、一般的なハウスメーカーの間取りとは随分違うと思うなぁ。


家の中をGL600で想定してるので、外は玄関ドア、掃出し窓、勝手口を
全てデッキで結び、地上からはゆるやかなスロープで。。
薪ストーブを置く場所に外から薪をカートで運べるようにもしています。
駐車スペースから勝手口にもスロープで、重い荷物をそのままカートに載せて
家の中まで運ぶことも可能です。

随分昔だけど、町田ひろ子アカデミーの校長がプロデュースした
ビューティフルバリアフリーという理念のガーデンをグッドリビングショウで発表した時、
僕もデザイナーとして参加したのが、随分役に立っている。

その理念は簡単に言うと、健常者も子供や老人も身障者も互いに使いやすい安全で美しいデザインを
していこうというもので、アメリカのバリアフリー専門機関で研究していたシンシア・レイブロックが提唱していたものです。
それに園芸療法を活かせることと、当時画期的なアウトソーシングも話題でした。。

今では当たり前?だけど、家を建てる時に
考えたいことのひとつかもしれませんね。。

家に求めるもの?

お盆を過ぎてから、今日までずっと暖房を入れるのを我慢してます。。人間はなんて弱いんでしょう!(笑)車に乗ってても、暑い寒いはまず我慢しないですよねー。。。

最近、小諸の知人で住宅の相談を受けていて、ガーデンはもちろんデザインさせていただくのですが、
間取りや暖房の相談まで。。一応ね、もともとインテリアデザイナーだし、インテリアコーディネーションコンテストでは、その昔3度も輝かしく???受賞してるし。。。恐れ多いことに専門学校の講師まで努めた経験もあって、今思えば店舗設計もバリバリやってた。。若かったな(笑)

過去歴はおいといて、今はすっかり、土を耕す人です。。。。ほんとです!
ときどきデザインしてます!!(笑)

で、話を戻すと、やっぱり家に求めるものがみーんな違っていて、今回は夫婦でもまるで違う!
家というものに対してのコンセプトすら定まらない。こりゃー世の人々が苦労する訳ですよね。
僕なんか、ゆるいタイプなんで、機能より雰囲気(全体の空気感)を重視するけど、
暖房の話やセキュリティーの話、孫が階段から落ちたらどうしょう!などなど。。。
これを全部聞いてたら、家が建たないんじゃないかと思うくらい。もちろん予算もあるし。。。。

結果は2バイ4の輸入住宅をベースにオール電化で落ち着き、外観は平屋風にシンプル?で。。
暖房は最近、軽井沢でも流行の蓄熱式床暖房サーマスラブで解決!ランニングコストが決めてでした。
でも、補助でオーブン料理の出来る薪ストーブを入れましょう!と最後まで粘りました。。
これは、まだ結論出てないけど、
家づくりは夢づくりでしょ!って言ったら納得してくれました。。(笑)

デザインのDNA?

いつも東京の仕事から軽井沢に戻ると18号バイパス最初の気温を示す電光掲示板が気になるのですが、今日は20度!夜7時頃で20度ということは、日中は24〜25度くらいだったんでしょうか?結構暑かったですねー。。

昨日は久しぶりにつくばのラ・フランドルさんに行ってきました。
ここは、何かと御縁のあるところで、2000年の神宮外苑のガーデンショウの作品
なんと、購入したい!と言ってこられた方がオーナーのお店で、
いろんな敷地の状況なんかもあって、ガーデンショウをそのまま再現する訳には
いかなかったんですけど、庭に合わせたショップのデザインもしてほしいと
依頼を受けて、建物まで関わったというレアーなクライアントでした。。

その後も、御主人の方がガーデンデザイナーとして、私たちに近いお仕事をされてるので、
時々、交流があって、ありがたいことに御自身の現場で、ウチのオリジナルの
ガーデンベンチやシーティングアーバーを使っていただいてます。

昨日もガーデンベンチの納品を兼ねて、○年ぶり?にお邪魔しました。。
いやー、でも自分のデザインが空間として実現しているのを見るのは
とても不思議な体験で、「見て見て、長谷川さん!ここからの景色が
気に入ってるの」とはしゃぐオーナー婦人の声に、こちらもうれしくなります。
エントランスの階段も2年程前にオーナー御主人が、ほとんど一人で作ったそうですが
確かに、僕のデザインのDNAが引継がれているのを実感します。
良く作ったなぁ〜と感心しながらも、デザイン?が引継がれることの方が
少し驚きでした。

それにしても、8年前にK造園さんと植えた樹が、なんとも大きくなっていて、
想像を遥かに超えた、別次元のワールドに入り込んだようです。
おもしろかったぁ〜。。

やっぱり、ガーデンと建物全体の空間?がひとつのコンセプトで作り出す
圧倒的なパワーを感じずにはいられない。。
試行錯誤で荒削りなところもあるけど、ラ・フランドルのオーナー夫妻が
生み出したものは大きいです!
こういう実現力のパワーを見習いたいですねー。。