フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク

無料ブログはココログ

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

軽井沢でパティオガーデン!

軽井沢は境界フェンスも無いし、道路から丸見えの家がほとんどでこれが意外とプライベートで楽しめる庭が少なかったりしますね。

なので、広めの家に造ったデッキで過ごすのが普通だったりします。
それはそれで良しとして、でも、デッキと庭はけっこうな高さの差があって
植物に囲まれた感じにはなりにくい。。
そこでお勧めしたいのが、石のテラス!
これなら、庭の何処でも作ることが出来るし、形も自由。
ゆったりのガーデンソファとか置けば、あこがれの
リビングガーデンが完成します!
そして、せっかくなので、ツルバラを絡ませるような構造物で
囲うようにすれば、もっと植物が身近に感じられるし、
香りを楽しんだりと、五感を刺激するような豊かな時間が過ごせます!!
L1080560
石のテラスの中央にバーベキュープレイスも!
ガゼボはもちろんオリジナルデザインです。
L1080562

| | コメント (0) | トラックバック (0)

軽井沢でドッグラン!

軽井沢が特別で特有ということでは、もちろん無いですが、

広い敷地で、愛犬を自由に放し飼いしたい!という方はとても多いです!
それが自分の家の庭なら、どんなにいいか。。。
私の知人でも犬と暮らしたいという理由で、広大な土地を購入した人もいます(笑)
ただ広ければ!?ということでも無く、犬にもそれなりに癒しが必要で、
軽井沢のような自然浴の中でのドッグランは格別なんでしょうね〜。。
我が家の犬も埼玉生活から軽井沢に移住した当初、10歳は若返りました!
ホントです!!(お陰で19歳まで生きました〜。。)
さて、話はドッグランのための囲い??になるのですが、
ガーデン&ファニチャーズでは、ウッドフェンスを特注して、ドッグラン用に
提案をしています!このフェンスはプラスチックの杭を地面に打ち込んで固定してるので比較的簡単に設置が可能です。色調は軽井沢の景観を意識してシックに!!
これは大事ですよね。。
敷地の境界いっぱいに、張り巡らすのでなく、犬を遊ばせる適度な広さを囲う。。
こんなゆとりの活用も、庭を楽しむ方法のひとつです。
L1100876
こんな緑の中のドッグランフェンス!お勧めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

軽井沢でツリーハウス

軽井沢は今日も爽やかに晴れて、心地良いガーデニング日和です!

ムスカリやスイセンの球根が山のように入荷したので、
これからガーデン契約しているお宅廻りで忙しくなります(笑)
さて、軽井沢でツリーハウスは、そう珍しくも無いですが、
ガーデン&ファニチャーズでも、オリジナルデザインのツリーハウスがあります!
ツリーハウスと言っても、デッキはしっかりと地面から支柱を建ててるので
樹を傷めるような感じの取付けはしていません。
なので、本当はツリーハウスと呼べないかもですが、僕らはこの手法の方が
安心で安全で手軽な感覚なのでお勧めしてます。
実際、地上より2m以上の小屋は、壮快そのもの。。
小さくても立派な居住環境を作っています!
樹の枝振りを身近にに感じられる、
ドングリも直接、枝から取れるなんて、やっぱり楽しい!!
こういうワクワクは軽井沢ではかかせないですね。
L1100852
ツリーハウスの屋根を吊っているところ!
L1100859
屋根が乗りました〜。。これから、ちょい渋めのグレーグリーンに
塗装します。。木漏れ日が映り込むのを想定した感じに!
小屋は全てレッドシダーで制作しています!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

軽井沢で木工事

すっかり秋です。どこのお宅に伺ってもドングリがビッシリ落ちてます(笑)。。。

ガーデン&ファニチャーズは木工事がとても得意です!
というのも、僕がもともとインテリアデザイナーで家具づくりも専門だからなんです。木材は腐る、メンテナンスが大変そう〜。と敬遠されることも多々ありますが
そんなことを言ってると楽しい庭は出来ないですよね。
もちろん、お金をかけて工事をやる以上は、そう簡単に壊れては困ります。
そういう意味で、適材適所という言葉通り、場所に合った資材を上手に使うことが
木工事では一番大事なことです。
例えば地面に敷く。。枕木とか使いますが、安いからと言って中国産のコールタール注入材はぜったい駄目です。暑い時期に匂いがきつく、コールタールもシミ出てきて、とてもその上を歩けません。
ここではオーストラリアのユーカリ角材を使います。適度に重量があるので砂を下地に平に置くだけ!しかも樹自体防腐性があるので、何の薬品も使いません。
L1100387
空中回廊のデッキを作る時は、ハードウッドを使ってます。
手摺に寄りかかってもしっかりしてるし、ちょっとくらい
飛んでも跳ねてもびくともしません。
L1100383
植物が絡むような構造物は、やっぱりレッドシダーが
一番雰囲気があります!このアーチはガーデン&ファニチャーズが
カナダから取り寄せる塗料で仕上げてます。
L1100275
こんなに楽しいシーンになるのに、木工事をしないなんて
もったいないですよね〜。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »