フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク

無料ブログはココログ

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

ミミズ〜?

イノシシ被害にあいましたぁ。。。庭じゃなくて畑の方だけど。。

シルバーウィークに東京から遊びに来てくれたN家を
今年始めた畑?に案内して、愕然!!

「何これっ!」


直径40センチに広がったタイムの株がひっくり返って、あちこちに散乱してます。
ひぇ〜。。。

これは紛れも無く、猪の仕業です。


馬力のある耕耘機で耕したかのような跡。。

隣の畑でカボチャやズッキーニがやられたのは聞いてたけど、
まさか、ウチのハーブばっかり畑がやられるとは。。。


で、今日は朝から
被害にあったハーブたちの植え直しです!


スコップをさしたそばから、活きの良いミミズたちがウヨウヨ!!!


「これだぁ〜。。。」

この畑の土はいいからなぁ〜(笑)
こんなにいるんじゃ、また味をしめてやってくるよね。

なんでも人の髪の毛を細かくして土にまくといいらしい。
でも、ちょっと気持ち悪いよね!
すごい鼻が利くんで、知り合いのブルーベリー園の人が
畑の廻りを花火で一周すると、火薬の匂いで来ないとも言ってた。。
隣の畑は高さ70センチの柵を簡単に飛び越えられたというし、、
何がいいでしょう?

ウチのオーガニックでオシャレ?な畑。。。
猪の思案中です!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家の外観!?

今日も晴れ渡っていい天気!

例の小諸知人宅も大詰めで、今日は最終間取りと外観の打ち合わせです!

敷地はおよそ300坪、うーん広い!???
でも、ここはそれこそ林を切り開いた土地なので、
広さの感覚が解りにくいんです。。

図面だと、やたら広いと思った平屋風の建物も
現場で検証してみると、そう大きく感じません。。

むしろ軒高を低くしたおかげで、こじんまりした感じにも見えます!!!


これはこれで、なんか懐かしい山小屋風でもあり、
このロケーションにはぴったり!!!

。。。のはずです(笑)


今日は、最終的な確認ということもあって
図面だけでは感じがつかめないので、
さっといつものスケッチを描いていきました。。

これがそのスケッチ。
Photo_3

ね。山小屋?でしょ!
それで、こっちが勝手口?の方


1_3

この大屋根の軒に施主の大好きなキングサリを覆わせます!

木の部分はもちろん、前回のブログで紹介した
レッドシダーです!!
この木の部分を濃い焦げ茶にしてチュダー調にという意見もあったのですが、、、
それにこだわらなく、ロケーションに調和する
グレイッシュな色調でまとめることにしました。。。


それって、いつものガーデン&ファニチャーズカラーでしょ!

えっ。。。いや、
いつも環境のことを考えております!(笑)
ホントですよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デッキの見直し?

軽井沢も晴天続きで気持ちいいです!空の青さが違う。。やっぱりこうじゃなくちゃ。
カツラの木もだいぶ色づいてきて、黄葉していく中にピンクがかっていく。。
いち早く秋を知らせ、変化していくカツラはこの季節見逃せません!!

今日は知人の紹介で軽井沢の別荘のデッキ補修の依頼を受けて、
職人さんと痛んだ箇所を解体しました。
施主が自ら丁寧に何度も塗装してたらしいのですが、
柱の下は虫が入ってスカスカです。
たぶん、ほとんどの別荘にやたら広いデッキがあるのですが、
注意して見ると老朽化?しているお宅が多いです。。

軽井沢だから、特別痛みやすい?

確かにカラマツや落葉や針葉樹のヤニなどで
滞在の少ない別荘はそうした影響も受けます。
動物?や虫の被害もあるでしょう。
カラっとしているようですが、湿気は多いんです。
特に旧軽や中軽は。。

でも、本質は材質の問題が多いようです!
たぶんコストも影響してるんだと思うけど、
明らかに朽ちやすい材?が使用されているケースが。。

それと作り方にも問題アリです。
在来の大工さんが作るやり方は、一見
しっかりしているようですが、ホゾなどに雨がしみやすく
そこから割れたり、虫が入ったり。。

なので、やっぱりデッキは2×4の工法が理にかなっているんです!
根太に大げさに太い材料を使わなくても、組み上がると強い!
そして、レッドシダーなどは
まさに、こうした目的のために地球が生み出した、すばらしい資材です。

確かに良い材料はコストアップするけど、
永い目で見れば、けっして高くないし、むしろ補修の手間の方が
高くつきますよね。

コストが合わないからと言ってデッキに痛みやすい材料で
請負ってしまう業者も、問題だし、
デッキはそういうものだ、と鵜呑みしている?
一般的常識!!実はこれが一番の問題!!。
みなさんはどう考えますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家に求めるもの?2

とうとう暖房を入れてしまいましたぁ〜。。。!
せめて連休まで我慢と思ってたんですけど、軽井沢の寒さに負けてしまいました(笑)

今回の小諸知人宅は終の住処ということもあって、バリアフリーで計画しています。
特別な工夫という訳ではないけど、オール床フラット、玄関まで段差ナシ。
掃出しからデッキまでも、全てです。

唯一の床段差は、施主の希望された堀ゴタツ風のデスクスペース。。!
水廻りと寝室以外は空間の切れ目?がなく、いわゆるホールや廊下がありません。
たぶん、一般的なハウスメーカーの間取りとは随分違うと思うなぁ。


家の中をGL600で想定してるので、外は玄関ドア、掃出し窓、勝手口を
全てデッキで結び、地上からはゆるやかなスロープで。。
薪ストーブを置く場所に外から薪をカートで運べるようにもしています。
駐車スペースから勝手口にもスロープで、重い荷物をそのままカートに載せて
家の中まで運ぶことも可能です。

随分昔だけど、町田ひろ子アカデミーの校長がプロデュースした
ビューティフルバリアフリーという理念のガーデンをグッドリビングショウで発表した時、
僕もデザイナーとして参加したのが、随分役に立っている。

その理念は簡単に言うと、健常者も子供や老人も身障者も互いに使いやすい安全で美しいデザインを
していこうというもので、アメリカのバリアフリー専門機関で研究していたシンシア・レイブロックが提唱していたものです。
それに園芸療法を活かせることと、当時画期的なアウトソーシングも話題でした。。

今では当たり前?だけど、家を建てる時に
考えたいことのひとつかもしれませんね。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家に求めるもの?

お盆を過ぎてから、今日までずっと暖房を入れるのを我慢してます。。人間はなんて弱いんでしょう!(笑)車に乗ってても、暑い寒いはまず我慢しないですよねー。。。

最近、小諸の知人で住宅の相談を受けていて、ガーデンはもちろんデザインさせていただくのですが、
間取りや暖房の相談まで。。一応ね、もともとインテリアデザイナーだし、インテリアコーディネーションコンテストでは、その昔3度も輝かしく???受賞してるし。。。恐れ多いことに専門学校の講師まで努めた経験もあって、今思えば店舗設計もバリバリやってた。。若かったな(笑)

過去歴はおいといて、今はすっかり、土を耕す人です。。。。ほんとです!
ときどきデザインしてます!!(笑)

で、話を戻すと、やっぱり家に求めるものがみーんな違っていて、今回は夫婦でもまるで違う!
家というものに対してのコンセプトすら定まらない。こりゃー世の人々が苦労する訳ですよね。
僕なんか、ゆるいタイプなんで、機能より雰囲気(全体の空気感)を重視するけど、
暖房の話やセキュリティーの話、孫が階段から落ちたらどうしょう!などなど。。。
これを全部聞いてたら、家が建たないんじゃないかと思うくらい。もちろん予算もあるし。。。。

結果は2バイ4の輸入住宅をベースにオール電化で落ち着き、外観は平屋風にシンプル?で。。
暖房は最近、軽井沢でも流行の蓄熱式床暖房サーマスラブで解決!ランニングコストが決めてでした。
でも、補助でオーブン料理の出来る薪ストーブを入れましょう!と最後まで粘りました。。
これは、まだ結論出てないけど、
家づくりは夢づくりでしょ!って言ったら納得してくれました。。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »