フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク

無料ブログはココログ

« 冬仕度? | トップページ | 伯爵の午餐会! »

雪のアレンジメント

みさなんリビングガーデンでの日々の発見や感動はいかがですか?

小さな日常を、どんどんコメントお寄せ下さいね。

今日は庭で娘とモミの木のリースを作っていたら、また雪が降ってきました。。。このままじゃ出来ないので部屋の中にピクニックシートを広げて、アトリエ?を移動!二人でなんとか格闘して、ようやくカタチになった頃には外は真白でした。。。小屋の扉の真ん中に出来たばかりのモミの木リースを吊るして、、、そのそばから雪のアレンジメントが加わっていきます。小屋の木戸の風合いとちょっと雑なつくりのリースがいい感じで合っている上に、これ以上の演出はない?(笑)それも一瞬のうちに。。。

雪が降っただけで、庭の自然と語り合い一体となれる時間。。

お花はほとんど枯れてしまったけど、まだまだウインターガーデンとの対話はこれからが本領発揮?楽しみですねー~。。。。

|

« 冬仕度? | トップページ | 伯爵の午餐会! »

「住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

ウインターガーデン、常緑とドライのコントラストとっても素敵なのになかなか知名度がないですよねー 各社ガーデン誌どれを見ても春の一番華やかな写真が載ってることが多いです。 ウインターガーデンのノスタルジーな美しさを頑として伝えるべきか、自分を革変させるのか、いつも悩みます。師匠は、どう考えますthink

投稿: cubic.u | 2008年11月27日 (木) 22時19分

ウインターガーデンのノスタルジー!うーん、確かに難しそう!!
この辺は、どっちかっていうとグリーンアイスさんの領域ですね。
個人的にはウインターガーデンって、良く解らなくて、単に常緑を入れて冬もさびしくならないようにって考えてたんですけど、やっぱり、軽井沢に来てcubicの想いがちょっと判ります。。
イギリス帰りのガーデナーの友達がサンゴミズキの黒枝と赤枝を上手に使って、葉の無い庭の美しさを極めている人がいると教えてくれました。これはこれで深いですよね。
春になれば球根の庭を究めたくなる。。(笑)
僕は、そういうのが、すぐには実現しなくても、心をかよわせてみるというのが大切で、cubicさんのようにすでにその世界に踏み込まれているというのは、とても貴重な時間を過ごされているとお察しします。お互い一歩づつ、自己変革に向かって頑張りましょうね!

投稿: | 2008年11月28日 (金) 00時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132368/43217057

この記事へのトラックバック一覧です: 雪のアレンジメント:

« 冬仕度? | トップページ | 伯爵の午餐会! »