フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク

無料ブログはココログ

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

プロの道具?

朝起きてびっくり、また雪が積もってました!タイヤを履きかえるのも、まだまだ先ですねー。。タイヤと言えば、先週横浜でパンクしちゃって散々な目に遭いました。走っていたら、なーんか変な音がするよねって言うので、確かに窓を開けると聞きなれない金属音?そのままコンビニの駐車場に入ってタイヤを見ると、ボルトらしきものが埋まってるではありませんか。これは何?っとなぜか持っている工具袋から雑草抜きの道具で、そのボルトらしきものを抜いたとたん、プシューっとみるみる空気が抜けていって、あわててそのボルトを刺し戻そうとしたけど、それは無理無理!なんで、こう考えもしないで、抜いてしまったんでしょう。。しょうがないからスペアタイヤに交換しょうと、慣れない手つきで頑張ってやりました!ところが、、、。やっと交換が終わって走り出したとたん、車が傾いて!やばぁーーい!交換したばかりのタイヤがペッチャンコです。信じられない。。。で、結局JAFを呼んで、スペアタイヤを見てもらったら、なんと長年使ってないから自然と空気が抜けてたんだって。え~、そんなことあるんですかぁ!それで、空気を入れてもらって、動かせるようになったので、近くのガソリンスタンドに行ってパンクしたタイヤを修理して元通り。

最初から、ガソリンスタンドに入れば良かった!!しかし、なんでボルトが刺さったのか、未だに謎です。皆さん道具?があっても、こんな時はプロに頼みましょうね。

えっ、みなさんはそうしてる?(笑)

ちなみにたまにスペアタイヤの空気もたまに点検して入れておくといいそうですよ!

追伸!代官山のサルバトーレ春の植栽してきました。気持ちいー日にランチでもどうですか?http://www.ystable.co.jp/restaurant/xexdaikanyama/salvatorecuomobros.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

温度!

今日は雪でした。。春!というには、さすがにちょっと早すぎましたね。。(笑)

でも、寒いのがこんなに苦手な僕でしたが、生活環境というのは不思議なもので、慣れてしまうんですね。これが。!実際、新潟生まれなので北国?というのは知ってるけど、寒い地域の人は寒さを我慢しないんですよ。ほら、北海道の人も冬は家の中でTシャツで過ごすと聞きますし、なので、家の中さえ過ごせる温度なら、なーんら問題ない!というのを改めて実感した次第です。かえって東京の方が寒さを体感する?くらいですよ。ホント!

だから、寒さ苦手の人も、マイナス10℃なんてへっちゃらです!どんどん来て下さい(笑)話は変わりますが、今久しぶりにWILD TURKEYなるものを味わっています。そうそうバーボン好きの人なら、ぜったい知ってる銘柄です!20年以上ぶりぐらいで買ってみたのですが、こういう雪の降る日には、心に沁みる味わいですね。ここ10年くらいずっとワイン派だったのですが、また全然違う自分になれます(大笑)!!!ロハスでヒーリングな暮らしにバーボンは似合わない?いえいえ、ぜーったい使わない言葉ですが、「ロマン」まで感じてしまいます。シュチエーションに酔えるというのも。軽井沢の冬の楽しみなのかもしれませんね。皆さんはどんな風に酔っていますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春!?

軽井沢もここのところ本当にいいお天気で家の中にいるのはもったいない陽気です。雪解けでぐしゃぐしゃだった庭も以前のように水はけのいい土に戻ってきました。このブログでも紹介した実野里(Minori)さんで仕入れてきたデヴィッドオースチン社のイングリッシュローズを地植えするには、いい頃合いと、エントランスのピケットフェンス前に植えてみました。ホント体を動かしていると暑いくらいです。。肥料には牛糞ベースの完熟堆肥とやっぱり実野里(Minori)さんでお勧めの低温発酵アミノ酸ベースの土壌改良材。去年から使ってますが、病気になりにくいのと、低温発酵なので良い土壌菌が自然と増えてくれるのが特徴なんです。蟹ガラや魚粉が入っていてかなり匂いますけど、植物の育ちやすい生きた土壌というのは、これから主流になるでしょうね。ちなみに野菜づくりにも最高で、アミノ酸だけに甘ーい野菜や果物が生るそうです。この肥料?を使っていたら匂いに釣られて出てきたナッツ(レイクランドテリアです)が、あっちをウロウロこっちをウロウロ出てきたばかりの球根の芽の上を踏み歩きちらして、かみさんに怒られてました(笑)

仕事?の後はシーティングアーバーに座ってコーヒーブレイク!もちろんナッツも一緒にベンチに座ります。。あ~春ですね。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心地よさ?2ー!

植物が心地良さそうに見える?みなさんにも見てもらいましょう!
今月発売号のプラスワンリビングという雑誌に1年間連載をしていた「Living Gardenもっと庭で暮らそう」が最終回で、去年の4月に撮影した春の庭が掲載されています。ちょうどチューリップが咲き出して、ピケットフェンスに絡まるモッコウバラを背景に、植物たちが陽射しを浴びて本当に心地よさそうです。
春らしいフワっとした元気をもらえそうです。そうそう、植物たちが心地よさそうに見えると、やっぱり僕たちも元気をもらえる!これが言いたかったんです。

でも、残念ながらこの掲載された庭は、この撮影を最後にぜーんぶ解体しました。。。も、もったいな〜いと悲鳴が飛んできそうですが、軽井沢に来る為にはしょうが無かったんです(泣)
植物たちやフェンスやライトはお引っ越しをして、カタチはぜーんぜん違うけど、新しい庭づくりに!
軽井沢で、どんなリビングガーデンになるかは、またのお楽しみに!
でも、お披露目はまだまだ先だなぁ〜。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

心地よさ?

僕たちが良く使う表現のひとつに「植物が心地よさそうに見える」という言葉があります。それは特定の人が感じることではなくて誰もが感じられるシーンだと思うんですけど、意外にこの表現が難しいんですよね。例えば個性の強い植物を中心にして、その個性を主張するように表現しようとすると、なぜか浮いてしまうようなことはありませんか?個性の強いもの同士を隣り合わせにすると喧嘩するようだし、まるで人間みたいですね(笑)誰かに負けたくない!とか目立ちたい!とかそんな風に考えると上手くいかないものです。そうかといってやさしい色ばかりだとボケてしまって、せっかくの個性が失われてしまいがち、、、。いろいろと試行錯誤して、きっとみなさんも同じような経験をされてることと思います。今まで脇役と思われて来た存在にもちゃーんと目を向けてキャスティングしてあげると、出演するすべての個性が光りあって、みんなが自分を発揮して演技する。そういう結構緻密な努力を通じて、ようやく完成するドラマにも似ていますよね。植物に計算なんていらない?それはそうかもしれません。だからガーデンデザイナーやガーデナーは『感性?』を使ってるんです。。植物たちの居心地のい〜い住まいのために、心からの感性で。。。リビングガーデンにも忘れてはならない大切な要素?ですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再生利用!

この何日かで随分と雪が解けましたねー。たぶん1か月以上?は姿を見失っていた植物たちが次々と顔を出し始めてます。雪が保温と保湿をしていてくれた御蔭で極寒のマイナス10度以上を耐え忍んでくれました。。!軽井沢は土が凍るから植物には過酷と言われてきましたが、意外と大丈夫?!かもしれない、、、。まぁその辺はカミさんによーく観察してもらいましょう。そうそう前々回のブログでも言ってましたチップをエントランス?に敷きました。チップ?都会の方にはあまり耳慣れない響きですけど、ここ軽井沢では結構使われているようです。主に間伐材とかの細かく砕いたウッドチップ(バークチップとも言います。)で、ぬかるんだ地面を舗装するにはもってこい。そもそも軽井沢ってエコの町?らしくほとんどの家がエントランスや駐車スペースをハードな舗装をしていないんです。もともと水はけの良い土なので、そのままというお宅がほとんどで、かろうじて砂利を敷いている程度。まぁそれならと、うちも芝を張っていたのですが、雪解けの水たまりが、もうドロドロの状態になってしまって、応急処置ではあったけどチップ敷きは、なかなかグッドでした!木の香付きフカフカのカーペットを歩くのは、なんとも心地良いものです。で、当然ながら庭という自然の景観には合う!庭の園路なんかにはぴったりでしょ。今まで煉瓦や石を敷いてきてそれが当たり前のようだったけど、こういうそぼーくなのも見直していきたいですね。ちなみにこのウッドチップ再生利用ということで肥料にする前のはタダ同然で入手可能です!(運び賃はかかるけどね。)町ではチップにする機械を無料で貸し出しもしてくれるとか?でもチップが目的じゃーなくて、あくまでも間伐材の再生!で利用しましょうね。このチップが肥料になるお話は、また今度。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »