フォト
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

リンク

無料ブログはココログ

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

もうすぐ・・・

もうすぐと言えば、言わずと知れたクリスマス!みなさんはどんな風に過ごしますか?さすがに庭じゃねー。軽井沢じゃー過ごすにはちょっと厳しいものがあります。でも去年は庭をクリスマスガーデンにして何度も仲間たちと夜を過ごしました。自宅の大きく育ったユーカリをたっぷり使ってワイヤーで束ねながら作ったガーランドやリースを飾って、後はキャンドルやランタン、トーチの火の灯りで温かーい感じ?の演出。。『ここは何処?』やっぱり特別な気持ちになるのはクリスマスだからでしょうか?
こうした雰囲気で楽しむのは、気取った感じじゃなくてアウトドアグリルでチーズを暖めて食べたり、ソーセージを焼いたりしながら、おしゃべりが楽しいアットホーム?的な過ごし方です。こうして心もあったまるようなクリスマスガーデン。プラスワンリビングの連載ページにも掲載中です!
P1000044

ちなみにパーゴラからぶら下がっているガラスのランタンはパリで仕入れてきたランプモスケーという昔から寺院とかの回廊に吊るされていたキャンドルランタンです。
イルミネーションもいいけど、こうした灯りも素敵でしょ!

| | コメント (2)

ピザ窯完成!

軽井沢も静かになってきました。こうなるとよけいにゆったりした時間が流れます。今日は雪もちらつく天候でしたが、青空が落葉した木立の間から覗いてる中で小さなあられ雪が転がる、なんともうれしさを増す1日でした。

以前のブログでも書きましたが軽井沢のお客様の別荘でピザ窯を作っていたのですが、着工して2か月あまり、ようやく完成しました!窯用の耐火煉瓦を角度を合わせて切りながら丁寧に積み上げ、今日アイアンの扉が鍛鉄の職人さんによって取り付けられてイメージ通りの仕上がりです。どことなくラスティックな風合いが庭にもマッチしています。さっそく施主に火入れをしてもらいました。ドーム型の窯の中でパチパチと反響しながら勢いよく燃えてくれます。こうしてるとピザ窯ではありますが、さながらアウトドアファイヤープレイスとしてもいい感じ!ちょっとした満足感を皆で堪能。。これからこの庭で沢山の素敵な時間をもたらしてくれるように、。。。P1030807 P1030819_2

| | コメント (0)

冬の楽しみ!

軽井沢もついに樹氷?景色になりました!霜と一緒で朝のうちですけど消える前に太陽に照らされた幻想的な様子がなんとも言えない美しさです。ただ寒々しい景色とは違って心が洗われるというか、気持ちが豊かになる不思議な一瞬です。いよいよ本格的な冬。引っ越して初めての冬は僕たち家族にとって過酷!?かもしれませんが、そうした不安を和らげてくれる窓からの素敵な景色にまずは感謝です!

昨日の夜は近所付合いをしていただいている息子さんのアイスホッケーの試合に誘われて家族で応援に行ってきました。長野オリンピックの時に作られた立派なスケートリンク?でタリアセンのちょっと先です。寒いからってスキーに行くような格好がいいんでしょうが、普段スキーをしない我が家は気の利いた格好がありません。僕も寒いのはホント苦手でいつも「たけのこルック」と家族に野次られるほど何枚も重ね着をして(笑)ホッカイロまで持って行ったのですが、初めて見るウインタースポーツ観戦が意外とホット!小学生の試合でも応援に自然と熱が入ります。これも寒い地方ならではの冬の楽しみのひとつなんでしょうねー。息子さんがアイスホッケーの選手で活躍!どれだけ熱くなれるか、ほんとうらやましいですね~。。。

| | コメント (0)

軽井沢の日曜日

P1030705 今日は暖かそうだったので近くの湖に出かけてみました。ご存知の方も多いと思いますが塩沢湖という人造湖でタリアセンと呼ばれるちょっとした軽井沢の有名どころ?です。普段は入園料がいるのですが、シーズンオフなのか今日は無料!鴨とたわむれるには絶好の日和です。そんなに日曜日の計画を練らなくても、ご飯を炊いておにぎりを作って後は車で10分もかからない。なんという手軽さでしょう!確かにすっかり紅葉も終わっているし、見どころといっても、他の季節には負けるかもしれないけど、ホント気持ちいい!最近土日といえば東京方面にメンテナンスの仕事が多かったけど、こういう日曜日らしい日って子供にも犬にも必要なんですよねー。ちょっとしたことなんですけどね、いろいろと家族には教えられます。。。P1030719

| | コメント (2)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »